英語を読む(Reading)のは比較的楽にできました。

それは、読むことは一人で、どこででも勉強できるからです。通勤電車の中、出張へ行くときなどなど。そして、もうひとつ「ラダーシリーズ」のおかげです。

目次

  1. おもしろく、易しい文章を数多く読む。
  2. ラダーシリーズが一番。
  3. 次はSIDNEY SHELDON。
  4. Readingの注意点。
  5. 次々にパーパーバックを読む。
  6. 多読の結果

1.おもしろく、易しい文章を数多く読む。

Reading力をつけるには、おもしろく、やさしい文章を数多く読むことです。難しい本から 辞書を引き引き始める方がいますが、はっきり言います。よほどの意思力の持ち主でない限り、 すぐ飽きてきます。

2.ラダーシリーズが一番。

おもしろくて易しい文章を読むには、ラダーシリーズが お勧めです。このシリーズは1000ワード、2000ワード、3000ワードなどがあり、有名な小説などを それぞれ1000ワード、2000ワード、3000ワードの簡単な単語だけを使ってリライトしたものです。

たとえば、1000ワードシリーズははやさしい中学生レベルの1000の単語だけを使っています。 それぞれのシリーズにはそれぞれ30冊ぐらいあります。ぼくはそれをほとんど読みましたから、 100冊以上読んだことになります。現在、装いを新たに新ラダーシリーズとして販売されています。

3.次はSIDNEY SHELDON。

ラダーシリーズの3000ワードを読み終えたころ、ひと昔前に超訳で有名になったSIDNEY SHELDONを読み始めました。ラダーシリーズの3000ワードがスムースに読めると、SIDNEY SHELDONはすんなり 入っていけます。使われている単語も難しいものはまれで、これでペーパーバックの小説は ぼくにも読める、と大いに自信がつきました。
「ハリーポッター」なんかも難しい表現はあまりなくて読みやすいのですが、ちょっとボリュームがすごくて(各巻600~700ページ)飽きてしまうかもしれません。

4.Readingの注意点。

英語の文章を読むときの注意点をお話します。

  • 翻訳しない
  • ただ、ストーリーを追う
  • 辞書は引かない

英文を読みながら日本語に翻訳しないことです。頭からどんどん読んでいきます。わかっても わからなくてもどんどん読んでいき、ストーリーを追う習慣をつけます。 また、読んでいる最中にわからない単語が出てきても、辞書を引かないことです。いちいち辞書を引くと興味が半減します。

5.次々にパーパーバックを読む。

SIDNEY SHELDONで自信をつけたぼくは次々と JEFFREY ARCHER や Tom Clancy などペーパーバック小説を読みあさりりました。 読む場所は往復の通勤電車。今までで合計で300冊以上読んでいます。小説のよさは先を読みたいという興味が持続することです。

重要なのは途中でわからない単語が出てきてもそのままどんどん読み進めていくことです。 繰り返しますが、意味がわからない単語をいちいち辞書でひいていると、どんどんいやになってきます。

6.多読の結果

英文を多読すると、短い文章なら日本語と一緒で見るだけで意味がわかります。もうこうなると、 ほとんど日本語と同じ速度で読めるようになります。斜め読みもできるようになります。 ビジネス文書などはもうチラッと見るだけですんでしまいます。

また、多読は読んでいる文章の次に来る文章が予測できるようになります。そして、頭の中ではまたったく翻訳していないので、 おそらく、頭の中に”英語脳”が出来上がっていくのではないでしょうか。

このページの先頭へ