外資系転職完全ガイド

外資系へ転職で入るには?

外資系への転職についてはこのサイト全体を見ていただければわかると思います。が、いろいろ重複しますが、外資系への転職について少し触れておきます。

外資系転職は転職エージェンシー利用が早道

別のページで詳しく説明しますが、外資系への転職は転職エージェンシー登録が早道です。なぜなら外資系はほとんどや転職エージェンシーを利用して人材を集めているからです。以前はまれに新聞広告を使うこともありましたが、今はほとんどありません。
また、ほとんどの外資系は欠員が出た時点で募集をかけますから、日本の会社のように毎年、毎年決まった時期にに新卒を採用するということはほとんどしません。日本IBM等外資系でも長い歴史があり規模の大きな外資系は例外です。また、一部の経営コンサルタント会社も新卒を採用しているようですが、それは自分の会社に向いた人材を時間をかけて育てるという長期戦略に基づいているからです。。

外資系の人材募集はピンポイントで

どういうことかというと、外資系の人材募集は〇×の専門で何年の経験を積んだ人という風に極めて詳細なスペックで条件を出して転職エージェントに依頼します。それ故に新卒では外資系への入社が難しい理由です。

詳しい転職サイトや転職エージェントについてはこちらから

関連ページ

外資系の人事部の役割
日系会社の人事部は、社員の採用、昇進、昇給、人事異動など、人事に関するすべてにかかわっていて大きな役割を果たしています。一方、外資系の人事部は ちょっと違うところがあります。大きな違いは:
外資系会社の選び方
外資系へ転職するとき、どんな会社を、あるいは、何を基準にして選べばよいのでしょうか。
外資系へ新卒で入るには?
外資系は必要な人材は必要なときに採用していくというのが一般的です。それでも、新卒を採用している外資系もありますから、応募するときの注意点を挙げておきます。
外資系の面接(インタビュー)
外資系に限らず会社へ入るためには避けて通れないのが面接。さて、日系会社への面接と外資系への面接にはどんな違いがあるのでしょうか。