GetとTakeをマスターしよう

目次

  1. いろいろな表現ができるGetとTake。
  2. Get。
  3. Take。
  4. GetとTakeを使いこなそう。
  5. 参考書籍

1.いろいろな表現ができるGetとTake

GetとTakeを使えばさまざまな表現ができます。その証拠に、この二つの単語を辞書で引いてみてください。 多くの意味や熟語が出ています。 日常会話に限らずこの二つの単語を使った表現が、メールやレポートなどにガンガン出てきます。 ところが、GetとTakeの熟語には様々な意味がありますから、その意味を取り違えるととんでもないことになります。 易しい単語だからと言っておろそかにしていませんか?

2.Get

まずGet 。会話で頻繁に出てくるのが「have got to~」。~~しなければならない”という意味です。「I have got to go now」など日常語です。ちょっと似ていますが、意味が違うのが「have got~」。 ”~を持っている”といい意味です。 また、「get it」はどういう意味か分かりますか?”しかられる”または”理解する”という意味です。 「get behind」は 遅れる。もう一つ。「get at」は~に届く、達する、などの意味があります。「get together」などももよく使います。 そのほか多くの表現があり、ここでは全てを書ききれません。ぜひマスターしてください。

3.Take

Get以上に意味が多いのがTakeです。「Take off」などはTake とOffで意味が想像できますが、「take on」となると 意味が分かっていないと、とんでもない間違いを起こします。 ”責任を負う”という意味があります。「take out」などはファーストフードでよく使われるので、その意味はもう皆さんはご存知のことだと思います。 ただし、この場合は「take-out」と名詞として使われています。 その他、「take after」って分かりますか?”似る”という意味です。 もう一つ。「take effect」は”発効する”。 「take pride in」~を誇りに思う。その他もういろいろあります。

4.GetとTakeを使いこなそう。

GetとTakeの意味が分かるだけではどうしようもありません。使いこなさなければなりません。それには多くの例文を 参照するといいでしょう。きっと、こんな表現もできるのかと驚かれると思います。 辞書を引いて、そこに書いてる例文を 書き出すのも良い方法です。そして、会話で使ってみる、あるいは文章で使ってみることです。

5.参考書籍

ネイティブだから分かる 日本人が意外と苦手な英語 Getの使い方49 [Kindle版]

Getの使い方ひとつで英文や英会話が見違えるように、なります。また、「7日間プログラム」で21種類のGetの意味が紹介されています。

Kindle 購入価格: ¥ 290

ネイティブだから分かる 日本人が意外と苦手な英語 Getの使い方49

このページの先頭へ